安定して働ける看護師

看護師は比較的収入が安定しているため、転職を考える人もいるでしょう。看護師の平均年収は約474万円で、女性の平均年収268万円に比べ206万円も高いというデータがあります。そのため、新たに資格を取得し転職する人も少なくありません。人が生活するうえで医療業は欠かせないため、仕事がなくなる心配もなく安心して働けます。また、時代や情勢が変わっても影響を受けることが少なく、収入もある程度保証されているといっても過言ではありません。しかし、看護師は忙しく負担が大きいという印象を持つ人が多く、実際に職場によっては忙しく時間外を強いられることもあるようです。

もちろん、そのような職場ばかりでなく、中には落ち着いた環境で働けるところもあります。救急病院や救急センターは救急処置が多く負担も大きいですが、介護施設や慢性期病院であれば比較的落ち着いていて、定時で帰宅することもできるでしょう。地方の応援ナースや産休代行ナースという働き方もあるため、家庭の事情に合わせて期間限定で働くことも可能です。現在、看護師は人材不足の状況にあります。そのため、ブランクがあったとしても職場復帰しやすく、安定した給料も見込めるのです。自立して安定した仕事をしたいという人には、看護師資格のような専門資格を取得することをおすすめします。このような資格があれば、たとえ家庭の事情で離職したとしても職場復帰しやすく、将来的にも安定して働けることでしょう。